9日間クルーズ/5日目【2009年4月27日(月)】


■06:00 >>> ゲント出港、ウィルエムスタッドへ。

柴崎 「小学校の時の音楽の成績は」
天満さん 「音楽の成績は4か5を取っていました。中学校で2を取ったことがあります。音楽の授業がつまらなかったので」
柴崎 「シェフになろうとしたきっかけを教えてください」
植竹さん 「祖母が御宿にいて、農業をやっていました。よく市場に祖母に連れて行ってもらい、新鮮な野菜と魚を交換しているところをみていました。24歳で渡伊。イタリアの空港に着いた時、ミシュランのガイドブックを買って、その日にカノビアーノという一つ星レストランに行って食事をしたところ美味しくて。翌日から雇ってもらい、その後、12件のレストランを渡り歩きました」

柴崎  「日本人の印像を教えて下さい」
クリストフさん  「10年くらい前に初めて日本に行きました。その後は1年に1回くらい行っています。日本では恵まれた環境で演奏ができます。音楽家として日本で演奏できることはとても幸せなことです。日本の方はとても熱心に聞いてくれます。ただし、フランス人と比べるとオープンではないという印象があります」
柴崎  「演奏している時に嬉しいことは何ですか」
クリストフさん   「天満さんもきっと同じだと思いますが、演奏するたびに幸せを感じます。その幸せな気持ちを演奏によって皆様と共有できるのが嬉しいです」
柴崎  「無伴奏の時と伴奏がある時の弾き方の違いがありますか」
天満さん 「無伴奏は背景がないので自分の世界で演奏できます。その世界を自分でつくるので全て自分の責任ですが、それはそれで楽しんでいます。伴奏があればそれはそれで世界が広がるので好きです」

柴崎  「どんな時に料理のインスピレーションが沸きますか」
植竹さん「朝起きてから料理のことばかり考えています。仕入れの食材や予約のお客様の顔を思い浮かべて創造して考えます。風景や色などから考えることもあります。色を中心に考えると、今の時期はホワイトアスパラガスですね」
柴崎  「料理の才能はどのように開花し、認められるのですか」
植竹さん「毎日一生懸命やるだけです。毎日料理のことばっかり考えています」

柴崎  「尊敬するチェリストは」
クリストフさん   「パブロ・カザルスです。チェロにとって大切な人です。最初にバッハの無伴奏曲を演奏した人でもあります。20世紀の作曲家も彼のためにたくさんの曲を書いています。個性的な音を出す人ではプルニエやトルトニエです」
柴崎  「天満さんとの出会いはどのようなものでしたか」
クリストフさん   「初めて共演したのはメンデルスゾーン、チャイコフスキーのトリオで、フィリアホールでした。素晴らしいと感じたのは初対面でお互い言葉も知らないのに、演奏してみて言葉がいらないと感じたことです。演奏してみてどれだけフィーリングが合うかが重要ですが、天満さんとはすぐに合うと感じました」

柴崎  「皆さんの今後の抱負を教えてください」
クリストフさん   「音楽を共有することです」
植竹さん「人を感動させる料理、世の中が明るくなる仕事をしたいと思います」
天満さん「ストラディヴァリに出会い、望郷のバラードに出会い、素晴らしい環境で演奏させてもらっているのでこれ以上望むことはありません。今日も明日も同じ日が続けばいいと思います。人にどうやったら"天満さんみたいにうまくいくの"とよく羨ましがられますが、特にアドバイスはありません。毎日同じようにしているだけです。その中でたくさんの感謝やたくさんの縁を大切にすることです。皆さんとこのように旅することが幸せです」

5日目-1.jpg5日目-2.jpg









午後はこのツアー2度目の船内コンサートをお楽しみいただきました。



★グローバルナイト/リバークラウド号 ラウンジにて
5日目-3.jpg









バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番
カタロニア民謡、カザルス/鳥の歌
フォーレ/エレジー
フォーレ/夢のあとに
シューマン/トロイメライ
マスネ/タイスの瞑想曲
カッチーニ/アヴェ・マリア
エルガー/愛のあいさつ
クライスラー/愛の悲しみ
モノー、小林亜星編/愛の讃歌
ポルムベスク/望郷のバラード

〜アンコール曲〜
五木の子守歌
赤とんぼ
チャルダーシュ
見上げてごらん夜の星を



■17:00 >>>ウィルエムスタッド入港



5日目-4.jpgウィルエムスタッド到着後、自由に散策していただきました。ウィルエムスタッドはオランダ建国の父オラニエ公ウィレムによって造られた要塞都市です。のどかな小さい町でしたので、散策するには適した町です。町のシンボルは1基だけある風車です。皆さんが到着したとき風車が動いていました。あの風を切る音は迫力がありました。風車は現在一般住宅として使われているようです。その後、船に戻り夕食をお召し上がりいただきました。




〜お料理〜
チキン胸肉の燻製 マンゴ添え、または、サーモンと大カレイのカルパッチョ クレッス葉風味
骨付き仔羊ロースのチーズ風味 トマトのクスクス添え、または、海鱒のコリアンダーハーブ風味 ポテトの壺煮、または、ポルチーニ茸のリゾット ルッコラのサラダと生トリュフ添え
数種のバナナを使ったデザート


カテゴリ:
Kingrecords e-shop
 
最新エントリー